あ~今日もタイで幸せ

線路内出店禁止



■「もし事故ったら、保険が適用されるだろうか」
メークロン3




あ~今日もタイで幸せ
10-Sep 2013

サワディークラップ
皆さんお元気ですか

◎◎◎ 線路内出店禁止 ◎◎◎

上の写真を良く見てほしい。右端のオバサンの下になにやら真っ直ぐ
伸びているものがある。現在も毎日使用されている列車の線路だ。
線路と線路の間には売るものを置いていない。
線路外(脇?)までが商スペースなのだ。

この先20mが駅。到着列車は徐行しながら駅構内に入ってくる。
そのときには品物を少し除け、列車が通れるよう、頭上にある
雨よけテントを跳ね上げる。その手際の良さに観光客は拍手喝さいだ。

場所はダムヌンサドゥワクの水上マーケットに行く途中に寄る、
メークロン終着駅そばのタラート(市場)だ。実はこの横に
ちゃんとした市場がある。市場なら賃料を払っているだろうが、
ここは国鉄の敷地内。まさかショバ代をとるとは思えない。

そのかわり「事故の責任はないよ」ではないだろうか。
このところタイの国鉄は脱線事故を頻繁にだし、
なんとその数13回もでているそうだ。

この現場をみたら保険の勧誘員はどう思うだろう。勧誘する文句に
困ることは必定だ。通常より高い掛け金に当然なる。できることなら
入って欲しくないと思うのが当然だ。

雑然としたバザール風景。東南アジアでは当たり前の風景ですが、
強烈な人間臭さの塊りが人を惹きつけるんでしょうね。

■列車が構内へ入ってきた。
メークロン2



タイの子供はほんとにモノオジしない。
メークロン1



こんな冒険ファミリーが面白い
子連れバックパッカーで世界一周中!『世界一周ブログ』

#############

この写真や取材に関しては
東京
e-mail:studiocamp@infoseek.jp

BANGKOK
e-mail:mc.komiyama@gmail.com
小見山へお気軽にどうぞ

#############








東南アジアを学ぼう 「メコン圏」入門 (ちくまプリマー新書)東南アジアを学ぼう 「メコン圏」入門 (ちくまプリマー新書)
(2011/02/09)
柿崎 一郎

商品詳細を見る

 
スポンサーサイト