あ~今日もタイで幸せ

国境観光へのお勧め

サワディー・クッラプ
皆さんお元気ですか?


あ~、今日もタイで幸せ

発行者 宮間 真
連絡先メールアドレス
manmanrai@msn.com



国境の街のホテル
国境の街ムクダハンの華南ホテルは安くてこぎれい。メコン川まで3分。

≪今日のタイの幸せ≫

「国境観光へのお勧め」

タイという国は、陸地ではミャンマー、ラオス、カンボジア、マレーシアと
国境を接し。東のシャム湾沿いと西のアンダマン海沿いに長い海岸線を
もっている。島国と呼ばれる我がニッポンとは国際的地理環境がかなり異なる。

政治的な話は別として、陸地から国境を越えるというのも、旅の楽しみ方の
一つだと思う。

南部のバタンバザールとスンガーイコロクはマレーシアとの国境ゲートがあり、
見慣れたタイ人と比べ浅黒い精悍なマレーシア管理官の前に立つと、
少し緊張する。渡って何をするわけでもないですが、珈琲と軽い食事をするだけでも
タイとの違いを肌で感じる。(気軽にビールが飲めない等)

ラオスに入ると飲めるビア・ラオ
ラオスに渡ったら是非飲んでほしいビヤ・ラオ。旨い。


東部のアランヤプラテートとハートレックはカンボジアとの国境。顔つきが
あまり変わらないせいか、緩い感じがする。なにか隣町へ行く感じだ。

北部観光で人気の黄金の三角地帯のそばにあるタチレクはミャンマーとの国境ゲートがあり、
ゲート前の通りは広々としていて、人通りも多い。タイ側にいても、働いているのは
ミャンマー人がほとんどだ。

東北部にはメコン河を日本を含む国際協力で作られた大きな橋で渡る、
ノンカイとムクダハンの国境の街がある。悠々と流れるメコン河を眺めながら飲む、
日没時のビールは最高だ。

大河メコン
悠々と流れるメコン河。対岸がラオスだ。

そのほか、メーサイやサンクラブリ、ラノーンなど、ノービザ扱いで
国境を渡り、半日ほどの観光滞在で戻ってこれる場所も多い。

日本では味わえない国境の街の雰囲気が贅沢なほど簡単に味わえるタイ。
バンコクだけでなく、足をのばして是非どうぞ。


あー、今日もタイで幸せだなー





いま人気のブログです



≪お役立ちサイト集です、コピペご活用ください≫

なんといっても気になる、こちら関係
◆━━━━━━━━━━━━━━━━◆
いまSOIタニヤで人気最高潮のカラオケクラブ
「AGEHA」の人気店長ブログです。ためになりますね。
www.thai-kawaii-ageha.com/blog/
 

時々チェック、タイ政府関連サイト
◆━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 在日タイ王国大使館
 http://www.thaiembassy.or.jp

 タイ政府観光庁(TAT日本事務所)
 http://www.thailandtravel.or.jp

 タイ国出入国管理事務所
 http://www.bangkokimmigration.go.th
 http://www.immigration.go.th


長期滞在するならまず言葉―タイ語学校サイト!
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 MALISA LANGUAGE SCHOOL
 http://malisathailand.com

 SILPA KSORN SCHOOL
 http://www.silpaksorn.com


意味不解。でもチョッと覗いてみたいタイのローカルサイト!
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 タイの若者向きサイト。お友達を作っちゃおう。
 http://www.kapook.com

 総合エンタメ的サイト。かなり人気があります。
翻訳機能を使ってみると面白い。
 http://www.sanook.com

 テレビのチャンネル7のサイトです
 http://www.ch7.com

タイのローカル映画に関する情報サイト
http://clubchom.com


まずは活動基地を確保。低価格で宿泊
◆━━━━━━━━━━━━━━━━◆
こぎれいで立地も最高。 
「Lodge 61」(SUKHUMVIT SOI 61 メジャー映画館の横)
http://www.lodge61.com


+++++++++++こんなメルマガ・ブログもありますよ



旅を愛する人の必読書。時間を忘れて読んでしまいますね。
「印毎来譜 俺等はヒッピーだった」

www.berrys-cafe.jp/pc/reader/book.htm?bookId=1041088

「週間タイ夢トラベル」
http://www.mag2.com/m/0000158042.htm
++++++++++++++++++++++++

「あ~今日もタイで幸せ」
取材・発行 宮間 真
連絡先メールアドレス
e-mail : manmanrai@msn.com

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック