あ~今日もタイで幸せ

チャオプラヤ河の川沿い

サワディー・クッラプ
皆さんお元気ですか?


あ~、今日もタイで幸せ

発行者 宮間 真
連絡先メールアドレス
komichai@hotmail.com



川沿いー3
河が大きく蛇行しているので、立ち位置が変わると光景も大きく変わる。

≪今日のタイの幸せ≫

「タイ的なゆるさがここにも」

皆さーん、渡し船でチャオプラヤ河を渡ったことがありますか?

日本人が利用するのはワット・ポーからワット・アルンへ行くときにの渡し船ですね。
その先のシリラート病院へ行くときに利用する渡し場も多いいでしょう。

そんな、観光客が多く利用する場所ではなく、ごく一般のタイ人が生活のために
利用する渡し場がチャオプラヤ河にはいくつもあります。普段、スクムビット周辺で
生活をしている日本人長期滞在者にとっても、川向こうは異質の世界が広がります。

現在のバンコクよりも先に都が布かれたトンブリ地区は新開発が盛んにおこなわれていますが、
高層ビルも少なく、まだまだ旧都市然とした佇まいをしているところが多く、散策にはもってこいですよ。

また、河口に近いサムットプラカーン内の渡し船に乗ると、チャオプラヤ河の大きさが実感。
河上に広がるバンコクの姿も一見に値します。

クロントイ港に出入りする船も多く、貨物船やLPGガス運搬船等、
意外なほど大きな船が航行するのにも驚きを隠せません。
時々、停泊するタイ海軍の軍艦をみることもありますが、どこかの赤い国と違い、
写真に撮ってもスパイ扱いされることはありませんから、ご安心を。(笑)

川沿いー1
停泊するタイ海軍の軍艦も時折見える

川沿いー2
河底が浅いので大きな船は皆吃水を上げてクロントイ港へ入港する。

猛暑の時。土砂降りの雨が降る雨期。朝焼け、夕焼け。
引き潮時、満ち潮時など、その時々に変化にとんだ様々な姿を見せてくれます。
何もない休日、突堤の上で一日を過ごすのもお勧めです。



あー、今日もタイで幸せだなー





こんな旅もあったのだ。無料で読める涙と爆笑の青春記。
旅を愛する人の必読書。時間を忘れて読んでしまいますね。
下記のサイトからダンロードをどうぞ。
「印毎来譜 俺等はヒッピーだった」
www.berrys-cafe.jp/pc/reader/book.htm?bookId=1041088


≪お役立ちサイト集です、コピペご活用ください≫

なんといっても気になる、こちら関係
◆━━━━━━━━━━━━━━━━◆
いまSOIタニヤで人気最高潮のカラオケクラブ「AGEHA」の
人気店長ブログです。ためになりますね。
www.thai-kawaii-ageha.com/blog/
 

時々チェック、タイ政府関連サイト
◆━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 在日タイ王国大使館
 http://www.thaiembassy.or.jp

 タイ政府観光庁(TAT日本事務所)
 http://www.thailandtravel.or.jp

 タイ国出入国管理事務所
 http://www.bangkokimmigration.go.th
 http://www.immigration.go.th

タイで起業をめざすなら1度は世話になる。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 日本貿易振興機構バンコク事務所
 http://www.jetro.go.jp/thailand/e/


意味不解。でもチョッと覗いてみたいタイのローカルサイト!
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 タイの若者向きサイト。お友達を作っちゃおう。
 http://www.kapook.com

 総合エンタメ的サイト。かなり人気があります。
翻訳機能を使ってみると面白い。
 http://www.sanook.com

 テレビのチャンネル7のサイトです
 http://www.ch7.com

タイのローカル映画に関する情報サイト
http://clubchom.com


まずは活動基地を確保。低価格で宿泊
◆━━━━━━━━━━━━━━━━◆
新築できれい。立地も最高。 
「Lodge 61」=1泊1100バーツ・朝軽食込
(SUKHUMVIT SOI 61 メジャー映画館の横)
http://www.lodge61.com




+++++++++++こんなメルマガ・ブログもありますよ
「週間タイ夢トラベル」
 http://www.mag2.com/m/0000158042.htm


笑ってためになる必読ブログ
新・姑の介護のブロマガ(ブログには書けない介護裏情報とタダでは聞けないお話)

++++++++++++++++++++++++


取材・発行 宮間 真
連絡先メールアドレス
e-mail : komichai@hotmail.com
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)